津軽へ 2013.11 vol.6(黒石散策)

13th 1, 2014

年末年始はばたばとしておりまして
すっかり日があいてしました。

さて、翌日。。。

弘前でゆっくりして午後から深浦方面へ行くか、
午前中から黒石へいくか迷ったが、早めに行動を開始。

黒石へ行ってみた。

弘前駅から弘南鉄道に乗り黒石着。
弘南鉄道はどこかで見覚えのある車両。
昔の東急の払い下げか。

で、黒石には「こみせ通り」というみちがありここへ行ってみたかった。

以下観光協会HPより転載

—ここから—

日本の道百選にも選ばれた「こみせ(小見世)」。

伝統的建造物とアーケードが藩政時代からほぼそのままの形で今に残っています。これは、全国的にも類例がないといわれています。

こみせ通りの特徴は、日差しや吹雪から人を守るアーケードがあることです。昔の商店通りだったこの道は買い物に来た人の為に自分たちの敷地内にアーケードを作った人情溢れる通りなのです。

また、国指定重要文化財の「高橋家住宅」や 昔ながらの造り酒屋などが並んでおり何とも風情を感じさせる通りです。

—ここまで—

駅からとぼとぼと15分程度歩くとその道はある。

上の写真右、再現工事をしていたがそこはどうやら銭湯のようだった。

 

こちらは観光用に再現された路地でカフェなどが並んでいたが時間が早いせいか残念ながらやっていない。

消防部屯所

赤いトタン屋根が連なる。

ほんと木造のアーケードですな。

珈琲屋で一息。

店のおばさんが「今が季節だから」とりんごをむいてくれた。
津軽の お も て な し 。
滝川某よりこっちのほうがずっといい。

こみせ通りから外れたところにこんな「歓楽街」。
スナックがずらり。

いやぁなんかとてもいい町だった。
早起きしてきてよかった。

昼近くなってきたので再び弘南鉄道で弘前へ戻る。

もう一回続きます。。。

 

1件のコメント

fotografia | 津軽へ 2013.11 vol.7(五能線 弘前ー深浦ー秋田ー東京) にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing