津軽へ 2013.11 vol.2(青森到着〜五所川原〜金木)

17th 11, 2013

金木町へ

さて。

青森駅から普通列車で一旦弘前方面に戻り、
川部で五能線に乗り換え。

五能線は非電化、ディーゼル列車。

独特のエンジン音、津軽平野のりんご畑を抜けて。

秋ですなぁ。。。

五所川原で下車。

前回2月に来たときは雪で五能線が大幅に遅れ
ここから先へ行くことを断念、そのまま新青森から帰郷した。

今回は予定通り津軽鉄道に乗り換え。

駅構内にはこんな感じで古い車両が残されている。

乗車するのはこの列車。

「太宰列車」。

冬はストーブ列車というのが走っているらしい。

車内では女性の乗務員が乗客一人一人に「どちらまで?」と津軽弁で話しかけて、
行き先に応じて観光情報、パンフレットなどを配って歩いていた。
1両編成に20人くらいだろうか、ほとんどが行き先は「金木」。

何ともいい感じだなぁ。。。

というわけで金木下車。

今回津軽へ行くと父親に言うと「十三湖のしじみラーメンはうまかった」といっていた。
駅構内にある食堂に「しじみラーメン」と書いてあったのでここで昼食。
かなり濃いめの塩味で意外とうまかった。

津軽鉄道の乗務員にもらった地図を見ながら歩く。
遠い知らない町を一人でとぼとぼ歩く。
すれ違うひともぜんぜんいない。

こんな木製の標識もよいなぁ。

というわけで続きます。。。

コメントはまだありません

No comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

WP-SpamFree by Pole Position Marketing